株式会社エネ創 おかげさまで施工実績5,000件!
エリア 栃木県・茨城県・群馬県・埼玉県 0120-320-130
無料見積りお問い合わせ

インフォメーション

太陽光発電|平成27年度の買取価格(売電単価)案について

(2015.02.26配信)

先日、経産省による2015年度の買取価格(売電単価)案が示されました。

 

~10kw未満[余剰買取価格]~
33円/kwh(税込)

※東京電力契約の場合です。

 

~10kw以上[全量買取価格]~

29円/kwh(税抜)「6月30日まで」
27円/kwh(税抜)「7月1日以降~」

 

 

10kW未満が予想以上に下がるなぁという印象を受けましたので、

2014年度の買取単価:37円(税込)

2015年度の買取単価:33円予定(税込)

どの程度違いがでるのかシミュレーションしてみました。

 

 

~当社シミュレーション条件~

モジュール:175W(多結晶)

設置角度:4寸

設置方位:南

設置容量:4.200kW

メーカー予想発電量:4,580kWh

電灯契約:電化上手(月平均13,000円)

 

 

2014年度の買取単価:37円(税込)の場合

37円単価

 

 

2015年度の買取単価:33円予定(税込)の場合

33円単価

 

 

年間 164,048円(37円単価) ― 年間151,745円(33円単価) = 年間12,323円の差

10年間 = 123,230円の差が生じる結果となりました。

 

この金額の差が大きいか小さいかは個人差があるかと思いますが、

設置費用が差額分安くなれば、回収年数は同じです。

ですので、最近の太陽光発電の設置費用を考えると、妥当なところかなと思います。

 

太陽光発電にご興味がある or 購入を検討される方は、

この差を意識してご検討されてみては如何でしょうか。

一覧に戻る